帰国して仕事に対する考え方に違和感!【シンガポールと日本の違い】

未分類
この記事は約5分で読めます。

今年帰国して最初はフリーランスとして働いていたのですが、今正社員として働き初めて一か月が経ちました。留学してた分まずはひとまず収入の確保が最優先!留学先で得たマッサージの技術や知識を今すぐ本業にしたいのはやまやまですが、このコロナの状況下でどかーんと広告出すのもなんか違う気がしたからです。

まあ、そんな私情はさておき、一か月目にして早速モヤっているのが現状です笑 こんな顔出しでブログ書いておいて、あれですが、できることなら末永く働きたいからこそ、自分のモヤの原因を言語化しておくことにしました。

また、私と同じように帰国して、日本の会社きつって思ってる方、ずっと日本にいるけれどなんかいつも空気読んで疲れてる方のお役にも少し立てたらいいなという思いで書いてます。賛否両論あるけれど、私は本気で、5時ピタ!有給は100%消化が当たり前の社会になって欲しいと考えています。この記事を読んでそれを当たり前に主張できる人が一人でも増えたらいいなと願っています!!

 

シンガポール3年勤務で培った仕事に対する考え方

まとめると、有給は契約なのだから例えどんなに忙しくても使って当たり前。仕事よりも大事なのは自分自身!己の時間!この辺りかなと思います。詳しく解説していきます。

シンガポールの会社が超ホワイトだったわけではない!共通認識の問題!

誤解がないようにこれだけはまずはじめに。シンガポールで勤めていた会社が超ホワイトだったというわけではありません。そして、もちろんシンガポールも基本はアジアなので、会社によっては有給が取れなかったりする場合もあるようです。

私が勤めていた会社はホワイトだったわけではなく、かと言ってブラックでもなくグレーでした笑

日本との大きな違いは基本的に共通認識・暗黙の了解として

「忙しくても人手が足りなくても、有給は取る。病欠も権利だ」

というものがあった点です。
※シンガポールは平均的な会社で有給が年間14日スタートの他に病欠も年間14日間有給で認められています。病欠全部取るつわものは稀ですがw、月一くらいでサラッと取る人は割といます。実際具合悪いのに無理して働いてもミスしたりパフォーマンス落ちるだけなので、素晴らしいシステムだったなとしみじみ思います。

とにかく自分が大事なのだ!会社の福利厚生は利用する為にあるのだ!

とにかく自分を犠牲にしてまで働く必要はないのです。そして会社の福利厚生は全て使う為にあるので、福利厚生の詳細をよく昼休みに同僚と話していたのが懐かしいです。良き思い出。例えばシンガポールは会社負担のTCMというところでマッサージを受けられたりもしました。

Noriko
Noriko

よく考えてみたら、ただでさえ1日8時間という起きている時間のほとんどの膨大な時間を費やしているのです。世界は広いのに人生は短い。

 

会社員やってると思うのですが、平日は例え定時で終了だったとしても本当自由時間は食事・風呂・トイレ・歯磨き・睡眠で一日終わるどころか足りないくらいの時間配分なのですが笑 MAX1日6時間勤務が理想ですね。

 

 

もう会社員は十分働きすぎなので、その対価に見合うかどうかは別として給与の他に福利厚生があります。だから契約としてあるものは全て使い切る!それが私がシンガポールで培った考え方でした。

最近、日本の会社で疑問が止まらなかった瞬間

年末年始出勤の話が出た時の話でした。私はまだ1人としてカウントされない身分なので今回は免れたのですが、他の方々は割と出ないといけないらしく・・・誰1人として「断る」という主張がなかったことに。また「条件次第」と誰も言わなかったことに。

その光景をみて、WHY!?!と一人心の中で叫んでました。いや純粋に本当になぜー??ってシンプルに疑問でした。私だったらまず断る⇒休みの重要性をプレゼンする(なんなら本部の決定権がある人に)⇒どうしてもの場合は条件交渉って手順を踏む。(だってそれは契約外だから!!)

たった3-4年間のシンガポール生活だったけれど割と考え方は一人前のシンガポールになってしまったのか。私が不真面目なのか。皆が真面目なのか。どうしたものでしょう。めちゃくちゃ一人勝手にモヤついた瞬間でした。

でも、真面目な話、しっかり休んで自分がしっかり満たされてこそ、良いサービス・良い仕事ができるというのが私の信念です。

さいごに

仕事に対して責任感やプロ意識を持つことはとても素晴らしいことだと思います。でも、同時に、私が今勤めている会社だけでなくて日本社会全体に「しっかり休む」という概念が不足している気がします。休むことは罪ではない。人間の性質上本当に大事なことです。私たちは機械ではなくて動物なのだから。

「有給いただいて~行ってきました」みたいな文をたまにどこかで見るけれど、「有給で~行ってました」だと思うのです。有給はいただくものじゃなくて取って当たり前。そんな考え方の人が一人でも多くなってそんな会社が一つでも多くなることを切に願っています。

プロフィール

七転八起な人生を送るアラサー女子。旅行した国は25か国以上。在住国は4か国。20代で3か国にてホテルとIT業界で勤務後、イギリス留学で代替医療セラピーの資格を取得。東京でアロマセラピーとリフレクソロジーのサロン運営。

Follow me!
未分類
スポンサーリンク
Follow me!
スポンサーリンク
大人女子が人生を楽しむためのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました