未分類

イギリス留学部屋探し【賃貸契約・ホームステイ・学生寮】

投稿日:

イギリス留学が決まった後に調べ続けた部屋探し情報(ホームステイ・学生寮・賃貸契約)についてまとめます。イギリスは交通費高めなので、その辺も考えつつ、早めの行動が吉です。

ホームステイの価格や賃貸物件のサイトなどをご紹介していきます。

[toc]

ホームステイはトラブルもあるけれど割と一般的

イギリスの学生の賃貸は割とホームステイが一般的なのです。特に10代の子供たちにとっては、家族から離れて、また別の地で家族ができるみたいな感じで安心ですよね。外国人留学生も英語勉強中の方には最適というのが決まり文句ではないでしょうか。

とはいえアラサーの私は、

Noriko
は?ホームステイ?!
と大分反発心がありました。年取ると素直じゃなくて困ったもんです笑
お母さんの年越しちゃうんじゃね?
Noriko
とか、相性悪かったらどうすんの?とかいろいろいらぬ心配もありつつ、値段への不満・キッチン使えないってどゆこと?!っていう不満なども。

また、素敵で温かい家族がいる分、やはりお金目当てのみでやっている家族もちらほらいるわけで、トラブルもつきものですよね。運としか言いようがないけれど、きちんとしてない家の場合は我慢せず即座に直接伝えてみて、ダメな場合は学校など紹介先に報告して、ただちに変更してもらう手続きをすすめるべきです。

私が今住んでいる世界遺産の街バースは比較的家賃の高い地域で学校提示の価格はこんな感じです。

120GBP(約16,800円)/週 食事なし
170GBP(約23,700円)/週 朝夕食事付き

ちなみに、キッチン使っちゃダメ―ってところが多いので困る。まあ、確かに家庭の言い分としては、変な学生来てキッチンめちゃくちゃにされたらこまりますもんね。

社会人留学でも最初の数週間とか滞在してみるのは多いにありだと思うのです。実際、私も文句垂れてたくせに最初の三週間はホームステイさせていただきとても良い思い出になりました。その話はまた別記事で。

ポイント

イギリスの家賃は週単位で掲載されている場合が多いので要チェックです!!

個人契約ならばRightMove,Spare Room,GumTree, Facebook

ホームステイ嫌じゃ~ っていう人は個人で部屋借り契約するのもありです。

Right Move はイギリス正規留学に関して詳しく書かれているJINさんに教えていただいたのですが、どちらかというとフラット契約者向け。だけれども、一番掲載数も多く、王道だそうです。
Spare Room に関しては適当に英語でググったところ出てきました。ホームステイが高い!と思って調べ始めたのですが、Spare Room にてフラットシェアで掲載されている部屋借りの価格もあまり変わりませんでした。あとは、交渉次第です。当然、中心から離れると安くはなるのですが、イギリスの公共交通機関は、今まで住んでた東京やシンガポールとは全くの別物。バリ高でかなり待ちますw

今住んでるバースだと、バスは15分くらい電車は30分待つのは普通な感じです。そしてバスの最も安い価格がなんとなんと3.5 ポンド~お昼代軽く超す!!電車で一駅往復すると6ポンド!
後は完全個人契約のGumTreeこちらは、結構トラブルもあるみたいなので要注意です。特に実際に部屋を見る前に遠方からの支払いを要求された場合は詐欺の可能性高いです。部屋探しはストレスだけど、快適に暮らす為にも到着してものを見て契約しましょう。

ポイント

フラットシェア!イギリスは日本みたいに一人暮らし用の物件とか少ないので自分のお部屋があって、お風呂やキッチン、トイレを他の住人とシェアするフラットシェアが一般的です。もちろんお金に余裕がある場合は迷わずフラットで契約で!

FaceBook での探し方は下記記事をご参照ください。

学生寮?!Unite Student

Unite Student とは?

Unite Studentはイギリス各地(全22都市)にある学生用のアパートメントです。契約期間は大学のセメスターベースで44週間と47週間契約でそれより短い契約は基本的にできません。引っ越し時期もそれに際して定められています。一つの大学に限らずその地域の大学・学生ならだれでもOKなので、他の大学の学生と知り合える機会はあります。

Noriko
地域にもよりけりですが、バースはかなり人気で、5月の時点で残り3部屋とか言われたので、留学確定したら、即部屋探し・賃貸探し始めた方がいいです。

Unite Student にした理由

いろいろ検討した結果、割高だけれど、一年の滞在だったら住まいに関する問題は最小限にその他のことに時間を使いたいと考えて現在Unite Studentに滞在しています。また、専門学校留学の私はUniteStudentの契約開始期間よりも早く授業が早く始まったので、最初の三週間はホームステイにしました。

Bath:170ポンド(約23,700円/週ー光熱費込み、洗濯機の利用は別

 

滞在期間・留学期間・生活スタイルによって要検討しょう

数か月とかの短期間ならホームステイで。数週間なら(気に入ったところがあれば)AirBNBとかもありなんじゃないかと個人的には思います。
数年の滞在予定ならば、最初頑張って踏ん張って探して、固定費用を抑えつつ素敵な場所見つけたいところですよね。

あと検討する際は移動の頻度や移動先についても考えたいところです。私が住んでいるバースはロンドンとかに比べても公共交通費が高いようですが、イギリス国内、日本と違って基本交通費高いです。ローカルイギリス人も口をそろえてそう言います。年間交通費30万とかってひともいたり。そして、待ち時間長めです。なので徒歩30分くらいだったら普通に歩きます。総合的に考えて、家賃が50ポンド高くても結果、スーパーが近くにあって学校や職場まで徒歩圏内の方が安くなる場合もあるのです。

ポイント

交通費も考慮しよう!!

最後に

いかがでしたでしょうか。日本でも外国でも部屋探しって割とストレスですが、やるしかありません。外国に住むからには、部屋探すしかないのです。

なかなか大変ですが、地道に諦めず情報収集していきましょう。きっとそれが、最終的に賢い選択につながるはずです。

私はイギリス留学系について書かれているブロガーさんに連絡してみたりもしました。皆さんそれぞれのタイミングあるので、返信くるかなんてわからないですが、ゼロよりイチです。何もしないよりは、もしかしたら返信くるかもしれないので、ダメ元で行動あるのみ。その他でも、もしかしたらって思いつくことがあったら、即とりあえず行動することが大事です。

  • この記事を書いた人

Noriko

プチじぷしー。超庶民派でジタバタしながら、海外就職を実現。20代で3か国勤務後、現在イギリスでアロマセラピーとスパセラピーの資格を取得すべく留学中。

-未分類

Copyright© Norico💛Overseas , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.