イギリス社会人留学の準備を徹底解説

海外生活

イギリス社会人留学の準備・書類を時系列に沿って徹底解説!

投稿日:

三十路でイギリス社会人留学!イギリス留学に必要な書類や準備・手順を徹底解説します。IELTS、志望動機、推薦状、Unconditional letter、ビザ等まとめて解説。留学は行く前の準備もかなり大変。社会人留学はお金もぎりぎりまで稼ぎたいけど、準備に裂ける時間が足りない気がする。昨年一年間、専門学校留学を実現する為に行ったことをぜ~んぶご紹介します。

かなり長くなってしまったので目次から必要に応じてつまみ読みでお願いします。各段階において関連記事のリンクも貼っています。


注:私はイギリスのカレッジ・日本でいう専門学校的なポジションの学校で専門技術を勉強する為に留学。オックスフォードとかケンブリッジとか有名な大学院などの場合は、もっと早く準備開始が必要です。

9月・社会人留学決意&調査漬けの日々

2018年9月~調査開始。とにかく手当たり次第に連絡しまくる日々。
ざっくりとアロマセラピー関連の勉強を海外でしたいとは思っていたのですが、資格とか、国とか留学費用生活費用とか、仕事にどう結び付くのか?とかあげたらきりがないほど、疑問だらけ。調査して手当たり次第に、それらしきサイト・エージェントがあったら即連絡を繰り返していました。(仕事中もそれが気になって仕方ない日々)
Noriko
日本語検索VS英語検索 両方、試したのですが私は結局日本語検索に頼ってしまいました。理由としては、英語検索だと、細かいサイトのニュアンスとかがキャッチし辛くて信頼できるサイトかどうかを難しいのと、留学生を受け入れている学校でなければならないというのがありました。日本語があるということは日本人留学生がいけるということなので、日本語検索にかなり頼ってしまいました。

10月・方向性が明確に!イギリスはIELTSが必要なことを知り申し込み

2018年10月中旬、何となく方向性が決まってきました。9月から闇雲に連絡した甲斐あって、ただのメールの返信だけでも、担当者の方の印象が伝わってきたりするものです。また、いろいろなところに連絡したおかげで自分が専門にしたい分野の現状を把握する助けにもなりました。実際のは結局やってみないとわからない・いってみないとわからないこところだらけですが、アロマセラピーのコースは年々減少している(=需要がない?)こと、公立の学校ではアロマセラピー単体の勉強というより、マッサージやセラピーのコースの一環として勉強するコースが多いことなどがわかりました。

それでもアロマセラピーを勉強することに決めたのは、まず第一に好きじゃないと続かないと今までの仕事経験から思い知ってたこと。あとは形を変えて生き残るのではないかと考えた為です。
Noriko

この時点でコースの期間が短い(=留学中の生活費も最小減で抑えられる)と考えてイギリス第一希望で進めることにしたのですが、イギリス留学には英語の試験IELTSが一定の点数必要だということを知り、即申し込みと試験対策をスタートしました。幸い、私の場合、専門学校留学で5.5以上と低め。大学院留学だと6.5や7必要です。
このIELTSが、イギリス留学を達成する為の最初の難関でした。シンガポールで働いていたので、日本に住んでいる時よりはある程度日常的に英語に触れる機会があったのですが、それでもテストとなると全く別問題。二か月間、会社後直帰して引きこもり生活。

12月・申し込み必要書類とPersonal Statement とRecommendation Letter提出

2018年12月カレッジに申し込み必要書類とPersonal Statement 提出しました。この時点ではまだIELTSの結果が出てないというか試験すら受けてなかったのですが、あとから提出ということでその他の必要書類を先に提出しました。人気の大学院とかではありえないのかもしれないですね。この辺のゆるさは専門学校ならではかもしれません。というか、専門学校に限らず大学院でも定員割れしてる学校とかだと、事前に英語のコースを数か月取ることでIELTS免除みたいな方法もあります。厳しいのに抜け道あるのかい!って突っ込みたいけど、要はお金です。留学すると本当に思いますが、なんでもお金ですw 留学は本当いいビジネス。
申し込み書類は、個人情報をフォームに従って埋め行けばOKですが、その作業も英語だしまあまあ面倒です。さらに頭を悩まされたのがPersonal Statenment(志望動機) とRecommendation Letter(推薦状)。これは私にとってイギリス留学第二の難関。

推薦状はだれか自分より目上の人でできるだけ権威性のある人がベストです。大学生ならゼミの先生とかがいいと思います!

Noriko
社会人留学の私は、卒業してから何年目だよって突っ込みたくなるくらい時が経っていたので、やはり上司か前の会社の上司くらいが妥当。とは言え、当時勤務していた会社3年目に突入していたのでやはり社内かなと。でも直属の上司だと間違いなく部署中に話が広まるし、万が一落ちた時ダサい!
とかいらぬ心配がぐるぐる。

結局、前の部署の上司が一番信頼できた&話が身近な人に広がりにくいと考えてアポイントメントを取り、アポイントメント時に白ワインを渡しお願いしました。

別に白ワイン買う必要はないし、上司も人がいいのでそんなことしないでって言ってくれたのですが、レター執筆は時間がかかることなので少しでも気分よく取り組んでいただく為に。ご家族で食事の時に飲んでもらう用にと伝えたらサラッと受け取ってもらえるかなと考えた結果ワインになりました。注:推薦状が日本語の場合は、翻訳会社による英語翻訳が必要になるようです。
ちなみに上司とアポイントメントの前に
・受験コースの概要説明書
・志望動機の下書き
を完成させて、事前に送りました。推薦状(Recommendation Letter)はだれに書いてもらうかで悩み消耗しましたが、志望動機(Personal Statement)はこれまた、まじで何か書いていいのかわからず悩みの種でした。Personal Statement の書き方は下の記事で詳しく紹介しているのでご参照ください。
イギリス留学Personal Statement(志望動機)の書き方

イギリス留学と一言に行っても、当然、文化も違うしそれに伴い入学に必要な提出書類も全然違ってくるのです。個人的にはIELTSの試験と同等、いや、それ以上に苦労したかもしれません。与えられた質問に答えるテ ...

続きを見る

年明け1月・IELTS受験とカレッジとスカイプ面接

2019年1月IELTS受験→結果発表

いよいよIELTS受験。ビザ用のIELTSはパスポート持って行ったり、個人の筆記用具は持ち込み禁止だったり、セキュリティー管理の為ビデオ取られたりしていて無駄に緊張するのです。リスニングでワンセッションまるまる何言ってんのかわからず、とりあえず全部Cマーク作戦にでてかなり不安。結果は2週間後くらいにきて、引きこもりの甲斐あって6.5取れました。

メインの講師とスカイプ面接

こちらも妙にドキドキしていてスカイプ面接の二週間前くらいから、questions on the interview college applicationとかこれまた適当に英語検索して、よくある質問15個くらいの回答を用意しておいて自主練。
実際の面接はかなりあっさりしていて、自己紹介と入学したい理由とあとはコースに関する質問をして終了。コースに関する質問は高いお金払って入学するワケなのでガンガン用意しておくべきですコースリーダー(メインの講師)とスカイプ面接 面接中にOKもらいました。門学校の為、そんなに難しい質問は全くされず、人となりを見ている感じでした。コースの受講人数も限られているので、講師もとりあえず変な人でないことを確認しておきたいのではないでしょうか。

3月トラブル発生!conditional offer letter 遅延しまくり不安な日々

2019年3月頭には授業料が決定して、conditional offer letter をもらうはずが。。。?授業料が決まっていないとのことで、レターに授業料掲載できないからオファーレターが渡せないとのこと。めっちゃ不安でそわそわして仕方がなかった約2か月になりました。。。

ポイント


・Unconditional Offer letter:正式なオファーレター
・Conditional Offer Letter:条件付きオファーレター=留学の場合は授業料を振り込む前に渡されるオファーレターです。授業料振込み=入学決定。

4月末ようやく授業料発表

2019年4月末ようやく授業料発表♡前年度とそれほど変わらず約300ポンド高くなりました。
不安な二か月の間、
Noriko
もしかしてコース自体がなくなるのでは
とかよからぬ妄想ばかりしてしまいましたが、ひとまず言われた通りの事実を信じて待つしか選択肢がないなら待つ。それが大事だなと再確認した
経験になりました。外国に住んでいると得にそのようなストレスは増えます。シンガポール在住中も似たようなことが色々ありましたが、回動揺しまくりの私w。もうどうなって私は大丈夫!そんな根拠のない自信を持つことが海外生活にゆとりをもって楽しむコツでもあるなと再確認。

5月授業料半分振込・財政証明&部屋探し開始

2019年5月デポジット一年分のコースの授業料を振り込みと銀行残高証明(英語版)をカレッジに提出。私の貯金は全てシンガポールの銀行の為、この点のみはもともと英語なのでラクでした。

5月部屋探し開始

そう国内でも賃貸って悩みの種ですが、海外でもそれは変わらずなのです。世界共通の悩みなのだ。思えば学生時代の交換留学とかは部屋とかも全部学校が用意してくれて楽だった。一応カレッジが紹介してくれるホームステイもあるのですが、10か月間ずっとホームステイって30歳的にはどうなの?っていう疑問といらぬストレスが増えそうな気がしたので、自分で探すことにしました。

カレッジからの情報×WEB検索、Face book検索、イギリスの部屋探しサイトSpare room 、など自分の思いつく限りやってみるのに加えてイギリス在住のブロガーの方に連絡してみたりもしました。結果、割高だけれどUnite Student に住んでいます。ちなみにUnite Student はバースではかなり人気でうそか本当か5月の時点で残り3部屋とか言われました。詳しくは別記事にします。

2019年6月CAS番号発行・ビザオンライン登録

イギリスの学生ビザにはCAS番号が必要です。合格が確定してオファーレターをもらった学校・教育期間がビザ発行のスポンサーとなるシステムで学校が発行します。学生ビザは3か月前からのみ発行可能なのですが、それに伴ってCAS番号も3か月前からのみらしいです。

こちらも若干遅れて6月中~下旬くらいにゲット。学校のマネジメントシステムによりけりで速さは異なるかもしれませんが、動揺し過ぎずに冷静にご状況いかがですか?と送り続けるのが大切です。そして、このビザのオンライン登録が最後の難関!めっちゃ時間かかってまじで大変でした。しかも、入国できるかできないかがかかってるからやっぱ心配と緊張がマックスです。

2019年7月退職→ビザ申請の為に日本に帰国

オンライン登録はどこでもできるのですが、ビザ申請センター訪問は、ぶっちゃけシンガポールでもできそうな感じはしましたが、安全策をとって日本で行うことにしました。7月にビザ申請の為だけに日本に帰国しました。留学前の二か月間も無収入なのはもったいないと思ったので予定きっつきつでしたがバイトもしっかりして32万円ゲット!!

2019年8月中旬 ビザの承認

間違えて母親の名前を記載すべきところを自分の名前書いちゃって返金手続きしたり(3週間後にこっそり無事に口座に払い戻されてました!)、ビザ申請センターの訪問とバイトの予定がダブルブッキング疑惑があったりいろいろありましたが、無事ビザが承認されて、実家にビザ付きのパスポートが送られてきました。

9月いよいよ渡航&入国

あとは渡航して入国するだけ。なんですが、また飛行機が高くて悩みの種なのです。ヨーロッパ行きの場合は中東三社(エミレーツ、カタール、エティハド航空)の乗り継ぎ便が比較的安いです。
ヨーロッパへのご旅行はカタール航空

私はエティハドのストップオーバーキャンペーンを利用して11 万円くらいでいけました。アブダビでプラスαで旅をしましたが、留学とかで時間に余裕がある時じゃないとできないので良い経験。

そしてこれまた、無駄に緊張していた入国審査ですが、なんとなんとTier 4の学生の日本パスポートは自動機械で完了なのです。(2019年5月~)その他、オーストラリア、ニュージーランド、カナダの英語圏の国やら韓国もOK。めっちゃあっさり入国は完了しました。入国後忘れてはならぬのが、10日間BRPをビザ申請時に設定した郵便局へ取りに行くことです。

最後に

いかがでしたでしょうか?こうして振り返ってみると、かなりの労力と時間を消耗しました。留学は行く前がなかなか大変です。お金だけでなく時間も体力も消耗するので、しっかり覚悟を決めて取り組みましょう。それだけ時間かけて準備するからこそ、留学中も後も何かあっても頑張れるはずです。

  • この記事を書いた人

Noriko

プチじぷしー。超庶民派でジタバタしながら、海外就職を実現。20代で3か国勤務後、現在イギリスでアロマセラピーとスパセラピーの資格を取得すべく留学中。

-海外生活
-

Copyright© Norico💛Overseas , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.