【体験談】スピード退職!帰国後コロナ禍でみつけた仕事を3か月で撤退

未分類
この記事は約4分で読めます。

最近、史上最短2か月で退職を決意しました。猶予期間が二週間かと思いきや一か月に伸ばしてくれとのことで実質は3か月での退職になります。こんなに早くやめる決断をしたのは私自身初めての経験でそれなりに、退職の話をするのだってストレスと気まずさがありました。入社してまもないけれど、退職が頭をよぎってる方の参考になれば幸いです。

わたしがスピード退職した理由

・上司との人間関係・モラル的な考え方の不一致
・職務内容・労働条件の大きすぎるギャップ
・その結果かは謎ですが、体調不良が続く

まとめると以上三点です。もちろん、続けるつもりで入ったのに、こんなすぐやめるにはそれなりのストーリーがあります。詳しくは別記事に長々とグダグダと書かせていただきました。

思い返せば、何も悪いことしていなければ何一つミスもしていないのになぜかBOSSの気分で怒られる数か月・・・計画性のない指示による無意味な疲労感に心身支配される毎日でした。ただの愚痴でしかないですが、興味ある方はどうぞ。

スピード退職!帰国後コロナ禍で見つけた仕事を史上最短3か月で辞めることにした理由|アラサー女子の婚活ブログ|note
今日の記事は、仕事の話。前回の記事で婚活は余裕がないとダメ!っていう話をしましたが、ここ数か月特に最近一か月、いかに私が余裕なかったのか、帰国後コロナ禍でせっかく得た仕事を史上最短で手放すことにしたのかという話をしていきたいと思います。まあ、要は愚痴です。 これは自分自身の記録の為にも書いています。こういうことが...

スピード退職のメリット

1.短期間でも新しい何かを学んだ

これは本当に心からそう思います。大半の仕事って、代わりはいくらでもいて、一年やれば飽きるような仕事もあります。最初の数か月が一番学ぶことが多い時期でもあるのです。つまり、短期間でも必ず何か学んでます。

それは履歴書に書ける書けないの問題ではなくて、目には見えないけれど必ずあなたのものになっています。そこで学んだこと、感じたこと、苦しんだこと、間違いなく何かに活かせるはずです。

2.精神すり減らす時間を短縮できる

誰だって、新しい仕事をし始める時は夢と希望を多少持って始めます。誰だって、そんなすぐに辞めてやろうなんて思って仕事を始めませんよね。

それをこんな早い段階で「退職」という言葉が出てくるということは、間違いなく楽しくない証拠です。楽しくないどころか、これを読んでる方、病んでる方も多いのではないでしょうか。仕事は楽しいことばかりではないですが、それなりの楽しい要素がないと人生の時間無駄にしている感じしませんか。起きている時間の大半はそれに費やすことになるのですから。

そんな無駄な時間をさっさと軽減できたというのは、ひとまずメリットではないでしょうか。

3.下手に半年とか働くよりは履歴書から抹消しやすい

一年続かないなら、私はできるだけ辞めるのは早い方がいいと思う派です。数か月だったら、履歴書上は抹消しやすいとシンプルに思います。なかったことにしてしまえば、わざわざ辛い思い出をえぐられるように、退職理由とか面接で話す必要はないからです。

スピード退職のデメリット

1.辞表を出す時は気まずいことこの上ない

やはり一年以内の退職は、気まずいです。辞表を出す時は、少なからずなんとなく、「申し訳ない」気持ちが多少なりとも出てくるのではないでしょうか。実際私がそうでした。ここにきて、仕事の状況とか自分が担当していたプログラムの状況とか考えてました。

でも、、そこは、もう心を鬼にしてスーパードライで行きましょう。契約は守ってるんだから、何も悪いことはしてません。それよりも自分の身を自分で守ることの方がよっぽど重要です。というか、そんな状態の今のあなたよりいい仕事できる人いるから、安心してください。

でも、そのまま続けてても幸せにはなれないはずなので、自分の決断を信じて、自分の幸せの為に声を上げましょう。心疲れ切ってて声を上げる元気もすり減ってるかもですが、力を振り絞って行動に移すべしです。

2.完全に終わるまではやはりしんどい

これだけ短期間で辞めるということは相当嫌だったはずです。辞表を勇気を振り絞って出しても、その後一か月は仕事して連絡して、顔を合わせなければいけないこともあります。その期間は、なんともバツの悪いそしてさらに居心地の悪い期間ですよね。

もうそこは、とりあえず時間が過ぎるの待つしかないですね。割り切れなくても時間が解決してくれるので、とりあえず生きてればいいと思います。仕事は必要最低限にして本読んだりコメディみて自分の時間を楽しみつつ、次の再スタートに備えましょう。

あまりにもしんどすぎる場合は、プロに相談するのも一つの手段です。
退職のお悩みをプロが解決!

まとめ

スピード退職は、長い目でみると人生いろいろ選択することがあるうちの一つの選択に過ぎません。何を選ぶかより、その後の行動の方がよっぽど大事だと思います。その選択を正解にすべく、その時の苦しさや嫌な経験をばねにいろいろ考え直して反省して、次につなげていきましょう。

プロフィール

旅行した国は25か国以上。在住国は4か国。20代で3か国にてホテルとIT業界で勤務後、現在イギリスでアロマセラピーとスパセラピーの資格を取得すべく留学中。コロナで一時帰国中。

Follow me!
未分類
スポンサーリンク
Follow me!
スポンサーリンク
自由に生きたいアラサー女子のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました