「アラサーで実家暮らしはやばい」に物申す!【選択肢としてあり】

未分類
この記事は約5分で読めます。

突然ですが、皆さんは、アラサーで実家暮らしというとどんなイメージを持ちますか?

私はなんとなく、社会的な影響により「やばい」とか「ださい」とかそんなイメージがあったと思います。それは、私自身の中から生まれた考えではなく、日本の社会によって作り出された考え方だと思います。

最近日本のテレビを全然みてないのですが、なんとなくSNSの投稿とか見てても「やっとひとり暮らししましたー!」というような文脈が多い気がするのです。でも、1人暮らしも実家暮らしもパートナーと暮らすのも全部選択の問題でどれでもいいのでは?

実際、私は去年緊急帰国した時には、絶対に無理だと思っていた実家暮らしが割と快適で今に至ります。今後ずっとするつもりはないですが、冷静に考えるとメリットも多いのでご紹介していきます。

Noriko
Noriko

大人になって実家暮らしがダサいという偏った考え方ではなくて、ひとつの選択肢として全然ありだよ!ということをお伝えできればと思います。そして、いろんな選択肢に寛容な人が増えることを願ってます。

 

アラサーで実家暮らしはやばいのか?

アラサーで実家暮らしはやばいみたいなイメージがあったけれど、実際にコロナという思わぬできごとにより、実家に飛び込みそのまま5年以上離れて暮らしていた両親と一年間同居してみて、経済的にも時間的にもお互いに節約できる面があると感じたのでまとめていきます。

アラサーで実家暮らし自体はやばくない!

「実家暮らし=ヤバイ」みたいな記事をネット上ではみるけれど、やばいのはパラサイトではないでしょうか?
家賃を入れない、家事をやらず自立しないetc とは言ってもパラサイトですら、私は赤の他人がつべこべ言う必要は全くないと思うんです。生きているといろいろな事情があると思うので。助けが必要な時は助けを借りてそのあと、どこかで返せばOKです。

そもそも、私たちは本当に便利だけれど変化の大きい不安定な時代に生きているので、他人がヤバイと言おうが自分にとってのベストな選択を常に賢く選んで行く必要があるのではないでしょうか。

大変動の時代、リスクヘッジとして実家暮らしはあり!

<親世代>
・給料は右肩あがり
・銀行の利率がよかったので、銀行にお金いれておけば安心
・終身雇用
・年金あり

<私たちの世代>
・給料がなかなか増えない
・銀行の利率が下がるどころか、手数料が増えている
・終身雇用の崩壊(いつ誰がクビになってもおかしくない時代)
・年金あるのか???
→政府が投資・資産運用を推奨する時代(つみたてNISA、iDeco)

大半の人にとって人生で稼げるお金は限りがあります。
限りがあるのに、今はその限りある収入も全く保証されない時代といっても過言ではありません。そういった観点で考えて行くと、固定費を安く抑えられるなら抑えた方がいいというのも事実です。

そして、固定費の中で、最もでかいのが家賃!!!!!本当バカにならないですよね。
家賃そのものというよりも、敷金・礼金・その他手数料、家具代、退居する際の手数料もろもろパッケージで考えると…しばらくそこに住むって覚悟ができないと東京にずっといるかわからないので、今は引っ越せないなと思いました。

実家が東京や大阪にあって仕事もその辺でシングルならば、実家にいる方がコスパ良い(親との関係による)です。おそらく大半の場合相場より家賃安くなるし、こだわらなければ家具はとりあえず買わなくていいし、当然入居時や退居時の手数料もないですよね。

実家暮らしはお互いにWin- Winにもなり得る

親側のメリット
・わずかながらも家賃収入が入る
・家事の負担が一部なくなる

住む子供側のメリット
・通常より多少安めの家賃で住める(家による)
・1人暮らしするより家事の負担が減る

共に経済的負担削減されて、家事負担も多少削減されるというメリットがあります!
ちなみに私自身は毎月5万円いれてます。都内で賃貸で電気代やWifi や食費もろもろ入れたら頑張って節約したとしても、月10万円くらいになりますよね。
両親側からしても実質儲けとなるのは2~3万円程度かもですが、まあ、少なくとも何かしらプラスであることには変わりないです。

Noriko
Noriko

あとはお互い家事の負担が減るので、家事に費やしていた時間を勉強したりクリエィティブに使えるのはすごく良いです!そして、1人暮らししていた時に感じた食材余る問題もないですね!
そしてそして、できるだけ外で過ごして人に会ったりWeb系の勉強したりしたいので、そこに時間とお金も思いっきり避けるのもメリットです。

アラサー(大人)実家暮らしがおすすめの場合とやめた方がいい場合

・親の考え方に左右されない、お互い別の人間だと思って認識している
・親が自分のやっていることに口出ししてくるタイプではない、否定しない
・実家には複数以上の部屋があり、ある程度のプライベートは確保される

以上3点が、大人が実家暮らしをする上で必要な条件かなと思います。

一年間住んでて思ったのは、親はいくつになっても私の親だし、両親にとっても私がいくつになっても私は子供です。なので、しっかり物理的かつ精神的にある程度距離を取れた方がいいです。

逆にいつも喧嘩が絶えなかったり、「親がこういうから~」で自分で意思決定ができないのならば、金銭的な問題はさておき速攻家でてOKだと思います。いくら家賃がちょっと安くなろうが家事負担を分散できようが、そのネガティブな気持ちを持っている時間の方が勿体ないからです。

大人として実家暮らしする上で心がけていること

私自身、多少一緒に住んでいるとささいなことで親の考え方に左右されてしまった瞬間があったのですが、そういう時は部屋に籠って自分の考えをまとめたり、昭和の人類はこういう考え方をするのか!程度で参考にするようにしています。
あと、両親は私の副業もネットでの活動も応援してくれるタイプなのはラッキーでした。もしそれらを否定してくるタイプだったら、実家暮らしは成り立たなかったでしょう。

多分これは長年の主張の成果もあるのかなと思います。今まで海外を転々として来て、その度に一応家族として毎回小さな事後報告プレゼンをしてきました。敬意は忘れないようにしつつも、常に「私はあなたたちとは違う人間である」ということを伝えてきたからだと思います。

さいごに

まだまだ、「アラサーの実家暮らしはやばい」みたいな化石みたいな考え方あるかもですが、この記事で少しでもそんな変なイメージがなくなることを祈ってます。
人生にはいろいろなフェーズがあるし、家族の関係にもいろいろな事情があるし、何が良い悪いやばいではなくて、その時その時自分にとってベストな選択を堂々とできる社会になりますように!

プロフィール

七転八起な人生を送るアラサー女子。旅行した国は25か国以上。在住国は4か国。20代で3か国にてホテルとIT業界で勤務後、イギリス留学で代替医療セラピーの資格を取得。東京でアロマセラピーとリフレクソロジーのサロン運営。

Follow me!
未分類
スポンサーリンク
Follow me!
スポンサーリンク
大人女子が人生を楽しむためのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました