シンガポールのタクシー事情

シンガポール

シンガポールのタクシー事情【アプリと値段について】

投稿日:2019年4月10日 更新日:

シンガポール国内はMRT(電車)とたくさんのバスで公共交通機関がほとんどどこにでも張り巡らされています。それでもやはり車で行ったほうが便利な場所や、電車とバスの乗り換えで時間がかかりすぎる場所があるのが事実です。在住4年の私の経験に基づく、知っていると便利かもしれないシンガポールのタクシーをご紹介します。

シンガポールの街中で見かけるタクシーの種類

ComfortとComfort DelGro(アプリ)

国内最大手のタクシー会社です。チャンギ空港のタクシースタンドはほとんど、こちらの会社で埋め尽くされています。タクシーの種類は主に下の三つ。青、黄色、白です。

シンガポール国内で頻繁にみかけるComfortタクシー外観。三色展開。青、黄色、白

白はLimo(リムジン)とよばれており少し高級です。一時帰国後などにチャンギに降りるといつも白が残っており、そちらへ案内されがちですが、「青(または黄)がいい!」と係の方に伝えるとあっさり「OK」と言われます。タクシーにあまりお金を払いたくない方は是非、空港での白いタクシーは避けてください。

シンガポールのタクシーアプリCOMFORTDELGRO

Comfort はアプリが完備されており、タクシーを呼び、現在地の把握が簡単にできて便利です。

Silvercab


1、2回しか使ったことがないので正直あまり覚えてませんが、comfortと比べて高すぎたという記憶はありません。

SMRT

シンガポールのタクシーSMRTの外観
シンガポールのバスや電車を運営している公共交通機関会社のタクシーです。茶色の他、赤もあります。こちらも妥当な値段でした。というよりは、国内タクシー会社の料金は差がありません。

シンガポールタクシーの料金

料金に関しては会社によっての大差はない為、国内大手のComfort のホームページより引用した追加料金表をもとに、ご説明していきます。初乗り価格はだいたい3.5ドル(約290円)です。シンガポールは公共交通機関も安いですが、タクシーの料金も日本と比較するととても安いです!!その為、日本にいた時よりも利用率が格段に上がっています。

深夜・早朝その他の追加料金

シンガポール最大のタクシー会社Comfortの追加サービスと料金表

https://www.cdgtaxi.com.sg/ride-with-us/fares より引用

深夜料金の他に注意したいのが、通勤時間の追加料金です。通勤時の中心部周辺の道路は非常に混んでおり進みがおそいです。その為、予想に反して夜間より料金が高くなってしまう場合もあります。
また、バスはバス専用のレーンがあるのですが、車のレーンが混んでいるので、時間がなくて焦ってタクシーに乗っても公共交通機関の方が早かったんじゃないかな?と疑問に思います。

予約料金

道路でタクシーを捕まえた場合は予約料金は発生しませんが、アプリや電話で自宅や現在地へ呼び寄せた際に下記の価格が発生します。

通勤、帰宅時間:3.3ドル(約270円)
その他の時間:2.3ドル(約190円)
リムジン指定の場合:10ドル(約820円)(時間帯に関わらず)

30分以上前に予約した際の、事前予約料金は、時間帯に関わらず通常のタクシーが8ドル(約660円)、リムジンが18ドル(約1480円)です。(例:早朝便に乗る為に夜の間に予約確定)

空港からの料金目安

シンガポール国内のタクシー料金地図。空港からかかる料金は最大でも50シンガポールドル

現在私はCity エリアから北西の丁度SINGAPOREのGくらいのところに住んでいますが、空港からはたいてい25ドル(約2050円)から30ドル(約2460円)くらいで済みます。深夜便で帰ってきた際は深夜料金が追加されますが、道路が空いているおかげか、それほど高くなる印象はありません。
以前西側(Chinese Garden)に住んでいた際も、だいたい30ドル(約2460円)代払っても40ドル(約3300円)といった印象で50ドル(約4100円)を超えた記憶はありませんが、本当に西端へ向かう場合は60ドル(約4900円)くらいするかもしれません。いずれにせよ、国内横断しても100ドル(約8200円)を超えることはまずないと思います。

 

ポイント

Flat Fare(一律料金)のサービスもあり、アプリからの予約が必要ですが、国内どこでもリムジンタクシーで一律どこでも50ドル、7席分のワゴン車で55ドルです。

https://www.cdgtaxi.com.sg/ride-with-us/fares より引用

 

シンガポールのタクシーアプリ

配車タクシーアプリは個人の車を持っていて時間が空いている人が登録してアルバイトのような感じで働いている場合やもしくは、本業としてされている場合など運転手によってさまざまです。基本的には個人の車に乗るので予約時に車のナンバーが送られてくるので、それで自分が予約したタクシーを把握します。(ナンバーで把握する点に関しては、Comfort の予約も同様です)

メリット・デメリット

メリット
・事前に価格がわかる
・早朝・深夜など時間帯による追加料金なし
・呼ぶ際の追加料金なし
デメリット
・需要が高いタイミングだと一期に値上がりする
・行先や現在地により、なかなか予約できなかったり、予約後ドライバーの都合でキャンセルされることもある。

ポイント

需要が高いタイミング!例えば、金曜日の夜に飲みに行ったあとの深夜0時40分。微妙に終電を逃したのでGrabを見たところ自宅まで26SGD。Comfortのアプリを見ると16SGD。在住者の方は是非両方ダウンロードしておいて、見比べて予約しましょう。

Grab(アプリ)

シンガポールと東南アジアで人気のタクシーアプリGRAB

シンガポール国内のみならず、東南アジアで利用者が最も多い配車サービスです。Grabはよく割引コードがあるのでそちらを使うとお得に乗車することができます。また、Grabはjust grab, book taxi などより細かく料金・設定が分かれており、このアプリケーションでcomfort などの普通のタクシーを予約することも可能です。(2019年4月時点のアプリは変更されております)

新しいアプリも続々と登場

2018年3月にGrab が東南アジアにおけるUberのオペレーションを買収してUberが撤退しました。それ以降、シンガポールではGrabの利用が主流です。Comfortのアプリは変わらずぶれずに健在。価格競争がなくなるのかと思いきや、今年2018年7月には、Tada、8月にはUrgeと続々と新しいアプリが誕生しています。Rydeに関してはそれ以前に設立されていますが、Uberの撤退後、知名度が上がってきています。
シンガポールの新しいタクシーアプリ三社

タクシー利用時の注意点とチップについて

タクシーは雨の時は非常につかまりにくいです。20分くらい待って結局つかまらず歩いて目的地へ行くということも、しばしばありました。雨の時こそ早めの予約が大切です。
あとは、観光客の方でセントーサ島へ行かれる方は、車で行く場合セントーサ島の入場料として6ドル加算される場合があります。(なぜかない時もあるのですが...)これに関しては、だまされているわけではないのでご安心ください。

またチップは不要です。現金で払う際、中途半端な小銭のおつりがいらなかったら、「おつりいりません」と言ってチップとする場合もたまにあります。

 

まとめ!

チャンギ空港からは白以外のタクシーがお得!アプリは迷ったらとりあえずGrabが王道!!

Noriko
おまけ…価格交渉?!私はベトナムで働いてからシンガポールに来たので、当初なんんでも交渉するものだと思っていました。しかし、シンガポールでは交渉しないそうです。 でも、comfort のタクシーで「この前は○○SGDだったんだけどな~」とかつぶやくと割引してくださる運転手もいました。「メーターで決まってだよ!!」って逆に怒られることもあったので交渉はあまりお勧めしません。
  • この記事を書いた人

Noriko

プチじぷしー。超庶民派でジタバタしながら、海外就職を実現。20代で3か国勤務後、現在イギリスでアロマセラピーとスパセラピーの資格を取得すべく留学中。

-シンガポール

Copyright© Norico💛Overseas , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.