海外生活

イギリス留学・学生寮Unite Student 体験談×レビュー

投稿日:2019年10月27日 更新日:

Unite Student とは?

公式ホームページはこちら

学生用の賃貸サービスアパートメント。大学の多いイギリス各地(22都市)にあり、その地域の学校に通う学生ならばだれでもOK。その為、他の大学の学生と知り合う機会にもなるのです。賃貸の期間も大学のセメスターに合わせたもので基本的には二種類(44週間か51週間)用意されています。期間を自分の都合に合わせて変更ということはできず、どうしてもの場合は自分で替わりの人を探さないいけないということです。

バースの家賃

私が滞在しているところは、週170ポンド(光熱費込み)。日本円にすると月10万円超えです。決して、ちっとも安くはないのですが、相対的には、まあまあ、理にかなったお値段です。そもそも、バースは世界遺産の街ということもあり、もともと地価が高い地域です。

他のサイトを見ても、中心部だと同じくらいもしくはそれ以上の価格のところもあります。ハウスメイトのバーススパ大学生談によると、この地域の大学生には、Unite Student 人気だそう。昨年はバスで一時間くらいかかる住まいで同じくらいの価格で住んでて、さらには家を出るタイミングでだれかがキッチンのドアを壊してそれを払う羽目になったとか。。。(部屋借りあるある問題)。

そんなわけで、歩き通学だし総合的には悪くないと思います。

Unite Student 賃貸契約は全てオンライン

イギリス国外からの連絡方法

Unite Studentのホームページは、電話番号は書いてあるけれど、メールアドレスが見つからんのです。本当に不便。SNSのマークがホームページ内にあったのでひとまずフェイスブックのメッセンジャー機能より質問事項を送ってみたところ割とすぐにしっかりと返信が来ました。全体と各都市ごとにfacebook アカウントがあるのですが、連絡の際は、全体の一括アカウントのみ繋がりました。都市によって異なるのかもしれませんが、バースのアカウントのメッセンジャー機能は使われてないとのこと。

私が家を調べ始めたのは、留学する年(9月入学)の5月だったのですが、もう残り3部屋だよって言われました。それもそのはず。今実際に住んでて10月末の段階で、もう翌年、はたまたその次の年の人の為にオープンハウスしちゃってます。 早いがな。というか、その前に住んでる人の為のサービスをもっと徹底しろ。。。とかいう文句はあるものの、それだけ家探しってやっぱ世界共通で大変なんですねとしみじみ思う今日この頃です。
Noriko

18歳以上でもかたち上、保証人が必要

予約&契約の段階で最もやっかいだったのがこの保証人。父の名前を記載して父のメールアドレスを記載したのですが、そう。私の家族は純日本人。英語は読まぬのです。支払いは全部自分でする場合、保証人のカード情報とかはいらないのですが、保証人としての確認用電子サインリンクとかが送られてくるのです。

父は、なんとスパムとか対策の為にそもそも英語の件名のものをごみ箱に入る設定にしているようで。。。どうも、メールが届かぬ。そして永遠に終わらぬ契約w

そこで、フェイスブックのメッセンジャーから問い合わせてみたところ、保証人連絡先メールアドレスは登録後も変更可能。契約者本人と違うメールアドレスであれば、なんでもいいそう!!

先に言っておくれ・・・

Noriko
結局、自分のもう一つのメールアドレスに変更して、自分で承認するという疑問の残る保証人wもはやこの作業いらないと思うのですが。。。

 

実際のお部屋は写真通り?

結論から言うとYES。もちろん、ホームページの写真は、新品ぴっかぴかのときにあらゆる道具を駆使して撮影されているのでそのまんまではありませんが、お部屋の広さとか、なんとなく想像していた清潔さとか想像の範囲内って感じです。

こちらの記事(関連記事:イギリス留学部屋探し【賃貸契約・ホームステイ・学生寮】)で物件は実際に見てから契約しましょうと言っておきながら、ネットの写真だけ見て年間契約したのはこの私。というのも、シンガポールから一時帰国してのビザ申請のせいで割とスケジュールきっつきつ。その根源はギリギリまで働きたいという金銭面の事情なのですが。一年弱のコースということもあり、家探し問題はさっさと片づけたくて渡英前に完結。

入居日は、やはりちょっと不安でした!もしも、めちゃくちゃ写真と違くてオンボロ賃貸だったらどうしようと。海外生活が長いので許容範囲が割と広まっている可能性もありますが、お部屋は割とイメージ通りです。

Unite Student 住んでみて良かった点

宅配便を受付で一括管理

Amazonの注文を受け付けで全部預かって置いてくれるのはかなり便利。学校とかで家にいないこと多々あるし、再宅配とか微妙に面倒なので、とりあえず受付で預かっといてくれるのは便利。あとは、アプリとメールダブルで荷物がきたら連絡くれます。感謝。これはめっちゃおすすめポイントです。

洗濯機を全てアプリで管理

洗濯機自体は割と古いデザインなんですが、すごいのが、アプリで管理されていて今いくつ洗濯機と乾燥機が空いてるかわかるだけでなく、なんと、終わったら通知が来るんです!!超便利!フラット内に洗濯機ないので、この機能は本当、神です。

お部屋のデザインが勉強に向いてる!

とにかく机がでかいので、資料やら本やらパソコンやらなんでも、思いっきり広げられますw 椅子も言わずもがな高さも角度も調整可能。さらには、ベッドの枕の上の部分にも電気があるので、夜寝る前に本読むのにも最適

あとは、結構一人の時間が多いのです。というのもトイレとシャワーも部屋についてるのであまりハウスメイトに会う機会はありません。会うとしたらキッチンくらいなので。積極的に会おうとしない限りは割と個人の時間が確保できます。その点含めて、ばっちり自分の生活リズムで勉強に集中できます

学校に徒歩圏内で行ける立地

大学の広々としたキャンパスとかだとバスを使っていくようです。とは言え、人によりけりでなかには歩いてる人もいるのかな?!大学生の場合だと大学経由で契約してる場合もいるので、当然学校に行くのに便利な立地にあります
私の専門学校(公立カレッジ)は、Unite Student との契約はなく、こんな選択肢もあるから自分で連絡してみてね的な感じでリンク送ってくれたのですが、徒歩圏内(30分)だったので即決めでした。

東京、シンガポールで生活していて毎朝通勤電車に乗る生活を長年してましたが、公共交通機関を使わずに学校に行けるのってなんとも解放的。しかも、イギリスのバス高いし、待ち時間15分くらいなので、なんだかんだで歩いた方が早いのです。公共交通機関使わないだけで、なんとなくストレス減った気がします。

 

Unite Studentに物申す

洗濯機が有料&フラット外にある

洗濯機をアプリで管理するという点はかなり活気的なのですが、有料なのかよ!ってつっこみたい。しかも結構なお値段。
一度手洗いにすることも考えたのですが、時間かかるし、部屋干しでは全然乾かないしで結局一週間に一度全部まとめて洗濯してます。高い。がその分時間を有効活用するということで仕方ないのです。

洗濯機1回:3.5ポンド
乾燥機1回:1.7ポンド

引っ越すまで知らなくて、ホームページにも有料であること記載してない気がします。まあ、もちろん無料であるとも言われてないのですが。光熱費込みのレンタル価格だったので、当然洗濯機も無料かと思っていました。そもそもフラット内にあるものなのかと妄想してたのですが、そうではない。全フラット共用の洗濯の場所があるのです。
私の部屋の丁度向かいにその共有スペースがある為、毎度外に出て中庭挟んだ向かいのブロックへ行くのです。徒歩10秒の距離ですが、雨降ってると面倒です。

キッチンエリアの掃除は?!

ホームページには、共有スペースの掃除は、毎週クリーナーさんが入る的なことが書いてあり、さらにはイギリス人ハウスメイトも同じ認識だったので、てっきり掃除がくるのかと思いきや、こねーw 待てど待てどこないのです。最初は、キッチンのごみ捨てとかは気づいた人がやろう方式だったのですが、当然そうなると誰もやりません笑
結局、当番制でお部屋の番号順にごみ捨てと掃除を回すことになりました。とはいえ、フラットメイトが他に4人いるので掃除の順番が回ってくるのはせいぜい月いちです。

 

契約する時に出てくる付属品が微妙問題

ビジネス上手なので、お部屋の契約をした時にArrival Kit という名の小銭稼ぎビジネスが展開されてますw ベッドのシーツ、毛布やら、キッチンの鍋・お皿やら、ハンガーやら。ち
引っ越し日にすぐ寝たいと思って、ベッド系だけまとめてオーダー(45ポンド)したのですが、シンプルw 白いし、冬用とか夏用とかなく、冬大丈夫なのかは若干の疑問です。しかもベッド関連の小物や枕もイギリスで人気の格安ファッションブランドPRIMARKで一式全部揃うので、そこで自分の好きな柄選んだ方がよかったような気がしてなりません。

なみに鍋とかはスーパーで買うのもよしアマゾンで速攻オーダーするもよしです。Unite Studentの価格がバリ高ってわけではないのですが、スーパーやアマゾンで買った方が、商品の選択肢も価格帯も豊富です。自分が必要なものを必要な分だけ買えばOK。

受付が不在が多々あり

Unite Student に限らず、イギリスに言えることですが(いや、他の国でも割と言えること!)、カスタマーサービスが適当。その為、受付がいねー!!ってことが、多々あります。一応、受付がいるはずの時間は事前に提示されているのですが、行ってみるといない。

【只今不在ですが、すぐに戻ってきます】

みたいな立て札があっても永遠と戻ってこないってこともあります。特に最初の頃は質問・疑問・不満それぞれ話したいことがある生徒たちが必ず受付付近に数名いて、長々と待っている光景が見受けられました。バースの場合、二支店とも隣同士なので、私は自分の住まいの受付がいない場合は面倒だけど、隣まで話にいってます。

まとめ

多少の不満はあるものの、総合的には快適です。ハウスメイトも、異様にうるさい人とかいなくて皆話せばわかってくれる人達なので感謝。あと、やはりトイレとシャワーが自分専用というのは大きな快適ポイントかもしれません。
何より、勉強に集中しやすいデザイなので、そこを最大限に活かして、もっと効率よく勉強していきたいところでもあります。

  • この記事を書いた人

Noriko

プチじぷしー。超庶民派でジタバタしながら、海外就職を実現。20代で3か国勤務後、現在イギリスでアロマセラピーとスパセラピーの資格を取得すべく留学中。

-海外生活

Copyright© Norico💛Overseas , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.