英語

UKVI IELTS受験記 in シンガポール

投稿日:

UKVI IELTS シンガポールでの申し込み方法・価格

British Counsil の公式ホームページよりWebにて申し込みます。「UKVI IELTS Singapore」とWeb検索するとすぐに出てきます。日程によっては、予想外にすぐ埋まってしまう場合があるので二か月前くらいに余裕を持って申し込みしましょう。申し込み後すぐに確認のメールが来てさらに試験5日くらい前に正式な確認メールが来るのでそちらをプリントして、当日会場へ持って行きます。受験料はなんと、なんと、SGD370!!軽く航空券買えるお値段です。地味に出費が痛い。なので試験失敗してる余裕はない!その分真剣になれますね。

UKVI IELTS 受験会場

受験会場は Life Learning Institute - 11 Eunos Road 8, Singapore 408601

でした。通常のIELTSとは会場は異なり、UKVI受験者のみの会場でした。その為、通常の会場よりはこじんまりしているかと思います。

Eunos Road と書いてあるから、一瞬なんとなくとんでもない場所にあるのではないかと思いましたが、パヤ・レバ駅(Circle line と East West line)から徒歩3分でかなり便利!

パヤ・レバ駅を出ると朝早くから空いているカフェもあるし、こんな感じ↓で座れるスペースもあるし、トイレももちろんすぐあるので早めに行ってゆっくりするのもよし。

開始時間と試験のスケジュール

開始時間は午前9時で8時から受付が開始されます。受験料SGD370の名にかけて、めちゃくちゃ張り切って8時到着目指して出発しました。
が、実際到着は8時半くらいにすれば十分な気がしました。UKVIのビザに関わる試験はわりと受験者が少なくて、受付も若干の列はできたもののそれ程混みません。UKVIの試験は身分証明書とペットボトル以外は回収されるので、受付を8時に済ませると、謎の時間が待っている。とりあえず席に座るけれど、どうしていいのかわからず。正面の注意書きを何回も読み、試験官の外見を英語で表す練習を頭の中でしたり・・・he is between chabby and fat, there is almost no space between his tighs because of ・・・あとは目をつぶり瞑想???!!!試験開始時にはまるでセンター試験や大学入試のようなアナウンスがあります。

当日のスケジュールは午前9時からListening(30分+10分回答書き写し時間), Reading(1時間), Witing (1時間)の筆記試験が一切の休憩なしで実施されます。そして、スピーキングはたったの約15分だけれど、午後もしくは別日に実施されます。私は当日を希望したのですが、割り振られた時間が16時35分。。。12時10分頃筆記試験が終わり、一体この空白の時間どうしたものか。映画でもみようかとすぐちかくのGolden Village に行ってみたもののあまり面白そうなものがなく、ブギスで時間を潰しました。

Noriko
ビザ用IELTSはセキュリティーが厳しく、受付時に指紋を撮ったり顔写真を撮ったりします。荷物も受付に預けます。ちなみに筆記試験時とスピーキングテスト時各一回ずつ。そして、さらに試験中には不正行為がないようにカメラが回ってます。スピーキング時はカメラ+採点時の為の録音機でまるで警察の取り締まりを受けているようでした。

受験時の服装

面接ではないので、なんでも大丈夫です。ただし、長袖・長ズボン/スカートがおすすめです。ここでもシンガポールらしさが発揮されて、筆記試験の会場はかなり冷房が効いてました。最初は大丈夫でも途中から寒くなってきます。筆記試験は約2時間半ぶっ通しなので、トイレに行かないための予防としても上着持っていくことおすすめします。足元はスニーカーとかがリラックスできるし暖かいしいいかもしれません。

受験時の持ち込みOKのモノ

身分証明書と荷物のタグ!!+水もOK水は透明な入れ物のみとのことだったので、その辺でペットボトルを買ってラベルを剥がして持ち込みました。

ちなみに、水持っていかれるのがおすすめです。Readingの途中から結構のどが渇いてきて、あるのとないのとでは全然違います。筆記用具は試験会場に用意されていて個人のものは使えないので持って行かなくて大丈夫でした。

試験の前日と当日の過ごし方

試験の前日は勉強なんてしてないで、何よりもしっかり食べて早く寝ましょう。そして試験日もその直後は予定いれないほうがいいと個人的には思います。

社会人になってからというもの、こんなに長時間座って試験を受けることって滅多にないですし、つも使ってない脳みそをフル稼働させた為、予想外に猛烈に疲れました。ぐったり。夜7時半くらいにようやく体力回復へ向かいました。

とにかく前日は、しっかり休むことに集中して、万全の状態で会場へ向かいましょう!!!

まとめ

試験の申込はとにかく早いに越したことはありません。事前にチェックしておいて申し込みが開始されたらすぐにしましょう。
前日はしっかり休んで体調を整えて、当日は、身分証明などの必須の持ち物をとにかく忘れないようにしましょう。良い結果が出ますように☆

》関連記事:スカイプ英会話と英文添削のベストティーチャーでIELTS対策【体験レビュー】

  • この記事を書いた人

Noriko

プチじぷしー。超庶民派でジタバタしながら、海外就職を実現。20代で3か国勤務後、現在イギリスでアロマセラピーとスパセラピーの資格を取得すべく留学中。

-英語

Copyright© Norico💛Overseas , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.