2021年版バレンタイン通販で買える本命用チョコレート10選

未分類
この記事は約9分で読めます。

クリスマス・お正月が終わったら次はバレンタイン!冬はなんだかイベントが目白押しで忙しいですね。この記事ではバレンタインに本命に渡したい高級なチョコレートをご紹介していきます。2021年版はコロナもあるので、オンラインですぐ買えるものに絞ってまとめてみました。デパートのものはもっとバライエティー豊富で可愛いけれど、大切な人への感染リスクを抑えるためにも、今年は通販でゲットがいいかもですね。バレンタインのチョコレートに悩んでる乙女の皆様、是非参考にしてください。

 

バレンタインのチョコレートは本命に感謝や自分の意志を伝える貴重なきっかけ

バレンタインのチョコはチョコレート会社のマーケティングにまんまとはまった日本独自の習慣ですが、それでもやっぱり素敵な機会ですよね。海外では、男性が女性にバラを渡したり、ちょっと高級なお食事をプレゼントするのがメジャーなのです。

世界共通で、女の子から告白ってあんまりないけれど、日本のバレンタインのチョコレートは大切な人に「感謝の気持ち」を伝えたり、曖昧な関係ならば「私は今後こうしていきたいな」っていう自分の意志を伝えるきっかけになりますね♪

乙女たち、こんな素敵なきっかけ逃してはなりませぬ。伝えたい気持ちがあるならば、是非バレンタインは多いに利用していきましょう。

Noriko
Noriko

ちなみに高級チョコの価格相場も調べようと思ったのですが辞めました。お値段は人それぞれだし、何よりチョコレートはあくまで気持ちを伝える道具だと思うので、相場とか安すぎるとか気にせず、自分が心地よく払える範囲で気に入ったものを渡すのが一番だと思います。

バレンタインの王道!通販で買える海外の高級チョコレートブランド4選

バレンタインチョコレートの王道はやはり海外ブランドの高級チョコレートですね♪Amazonや楽天などですぐ買えるものも意外とあったのでご紹介していきます!便利!

GODIVA(ゴディバ)

GODIVA(ゴディバ)はベルギー創業の王室ご用達の高級チョコレートブランドです。ハートの入れ物の中にハートのチョコレート!ちょっとハートハートしすぎだけれど、これならコトバが無くても気持ちも伝わるかもですね笑 もちろんこのハート以外にもいろいろありますのでご安心を。GODIVAは王道中の王道だけに意外と食べたことない人もいるのではないでしょうか。ストレートに気持ちが伝わりそうなチョコです。

DALLOYAU(ダロワイヨ)

ダワロイヨは歴史あるフランス発の高級ブランドです。なんとその歴史は、1682年のヴェルサイユ宮殿にまでさかのぼるのだとか!チョコレートの見た目も箱もとにかく上品なのです。なめらかな表面から、もう写真みてるだけでも、美味しさ伝わってきます!

Noriko
Noriko

彼に優雅な気分を味わって欲しい時にいはもってこいのチョコレートですね

Galler(ガレー)

ガレーは1976年に創業、1994年に「ベルギー王室御用達ブランド」に認定されたチョコレートブランドです。ポップで可愛い感じのパッケージが印象的。一つ一つのチョコレートが包まれているタイプで、基本的に長方形のものが多いです。チョコレートの他には、アイスクリームやクッキーも販売しています♪

Lindts(リンツ)

リンツは創業170年のスイス発のチョコレートブランドです。私はシンガポールやイギリスにも住んでていたことがあるのですが、どちらの国の高級スーパーマーケットにも必ずリンツはありました。日本でも見かけますね。世界中で確固たる人気を誇るチョコレートブランド。板チョコのものもかなり美味しいですが、やはりプレゼントだとボックスのものがいいですね♪

Noriko
Noriko

この記事書いてたら、自分用にリンツ買いたくなってきました笑

今年のバレンタインは通販で日系を応援!日本発のチョコレートブランド4選

バレンタインのチョコというとどうしても、デパートにずらーっと並ぶ海外発のブランドになりがちなのは私だけでしょうか。
我が国、日本発のブランドもたくさんあるので忘れてはなりませんね。どれも美味しいし、海外発のザ・高級ブランドに比べてお値段も少し控え目です。

Royce (ロイズ)の生チョコレート

ロイズは1983年に北海道札幌市で創業した日本が誇るチョコレートブランドです。シンガポールにも進出してました。
私はロイズの生チョコレートの大ファンです。一口で口の中がとても幸せになります。なめらかな口触りも最高!赤ワインとかにも合いますね。ロイズの他の製品もいろいろ食べましたがなんだかんだでこの生チョコレートごり押しです~!

LeTAO(ルタオ)のチョコレートケーキ

ルタオは北海道小樽発のチーズケーキが有名なスイーツブランドです。チーズケーキは激うまですよね。ワンホール一口で食べれちゃうくらいのお味。そんなチーズケーキシリーズチョコレート味もあるのです♪いつもはオリジナル版のチーズケーキを選びがちだけれど、バレンタインもの。この機会にチョコレート味をプレゼントするのもよしです。

Morozoff(モロゾフ)

モロゾフは、1931年(昭和6年)創業の兵庫県神戸市に本社を置く洋菓子メーカーです。なんと日本のバレンタインの文化はモロゾフが作ったもの?とも思える文章を公式ホームページで発見。

1932年、モロゾフは日本で初めて〝バレンタインデーにチョコレートを贈る〟というスタイルを紹介。「欧米では2月14日に愛する人に贈りものをする」という習慣を米国人の友人から聞き知った創業者が、この素晴らしい贈りもの文化を日本でも広めたいと考えたことがきっかけでした。(http://www.morozoff.co.jp/quality/valentine/より引用)

日本のバレンタインチョコ文化の生みの親はモロゾフなのだろうか。チョコレートの他には、プリン、チーズケーキ、クッキーなどまさに洋菓子のメーカーです。

Noriko
Noriko

モロゾフはかなり有名ですが、そういえば私食べたことないかもしれないです。この機会にバレンタイン生みの親のチョコ味わうべく、自分用に買ってみようかな。(自分用が増える・・・)

Mary’s(メリーチョコレート)

1950年メリーチョコレートは、東京 青山に贈答用洋菓子メーカーとして誕生。チョコレートを中心とした洋菓子ブランドです。いろいろな味がバランスよく入っていています。東京発なのは知らなかったので、いろいろ調べてみると面白いですね!!

Noriko
Noriko

10年程前の学生時代、バレンタイン時期の期間限定アルバイトでメリーチョコレートの工場で働いてたのがなんだか懐かしいです

しっかり食べ応えを重視したオンライン購入できるチョコレート2選!

バレンタインで私たちが想像する王道のチョコレートっておしゃれだけれど、ぶっちゃけると小さいです。それに反して、お値段は決して小さくない!彼と一緒に住んでて一緒に食べようと企んでる方や食べ応え重視しがちな彼には、こちらでご紹介するチョコレートもおすすめです。

サロンドロワイヤル:ピーカンナッツチョコレート




チョコレート専門店『サロンドロワイヤル』公式ページ>>

1935年創業の老舗チョコレート専門店。「和と洋を融合させた美味しいものを届ける」といったブランドコンセプトが他のチョコレートブランドとは一味違います。有名なのが、全国菓子大博覧会で受賞したピーカンナッツチョコレートです。王道のココアがけも和風の抹茶がけもどちらも魅力的。また、ナッツはとってもヘルシーなスナックなので、筋トレ中の彼や健康を気にする彼へのプレゼントにはもってこいです!

DANDELION CHOCOLATE:ガトーショコラ



クラフトチョコレート専門店【Dandelion Chocolate】公式ページ>>

Dandelion Chocolateは、サンフランシスコ発のクラフトチョコレート専門店で。製造工程のすべては自分たちの工場で行い、カカオ豆、きび砂糖、無塩バター、卵のたった4つの材料で作られたこだわりのグルテンフリーガトーショコラです。

まるでワインのように、洒落な木の箱に入れて送られててきます。素材も製造過程もこだわり抜かれていて、見た目も上品。まさに大切な人に贈るのに最適な食べ応えばっちりなプレゼントです。

Noriko
Noriko

なんと作り方まで公式ホームページで公開されている太っ腹ぶりです!ご自分で作ってみたい方の為に材料のみの販売もあります。ガトーショコラの他にカヌレもかなり美味しそうです♪

チョコレートのお供にフェアトレードコーヒーも!

皆自身はチョコレート食べる時、何飲みますか?ホットミルク?紅茶?コーヒー?
私はコーヒー派なのです。そして、彼もコーヒー大好きなので、できたらコーヒーもセットでプレゼントしようかなと考えてます。最近、製造過程とか販売過程を考えて買い物するようになったので、今回はフェアトレードのものに決定。作り手にも優しく愛を伝えたいバレンタインです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。バレンタインは毎年やってくるけれど、一年に一回の貴重な機会です。しっかりと活用して、大切な人との関係を育んでいきましょう。そして、普段頑張っている自分自身のご褒美チョコも、ついでに買えるチャンスです!!

これを読んで下さった皆様素敵なバレンタインになることを願ってます。
Happy Valentain!!

プロフィール

旅行した国は25か国以上。在住国は4か国。20代で3か国にてホテルとIT業界で勤務後、イギリス留学で代替医療セラピーとスパセラピーの資格を取得。東京でサロン運営。当ブログは自由になりたいアラサー女子の為の記事多め。

Follow me!
未分類
スポンサーリンク
Follow me!
スポンサーリンク
自由に生きたいアラサー女子のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました