【口コミ評判】ウィズエアー 搭乗記・ハンガリーのLCC

海外旅行
この記事は約4分で読めます。

今回初めて使ったWizz Air(ウィズエアー)。今まで聞いたこともないような航空会社名でちょっとどきどきしながら、ロンドン・ガトウィック空港発ブダペスト国際空港着で利用しました。搭乗記として利用時の注意事項なども自らの体験をもとにご紹介していきます。




Wizz Air( ウィズエアー)とは?

ウィズエアーは、ハンガリーの航空会社。2003年に設立、翌2004年より運航を開始した格安航空会社である。ハンガリーのフラッグ・キャリアだったマレーヴ・ハンガリー航空が2012年に破産して以来、同国で最大規模の航空会社となっている。
-ウィキペディアより引用ー

Wizz Air( ウィズエアー)予約方法・注意点

予約は公式ホームページ(https://wizzair.com/)より直接行います。

ロンドン発の場合行きと帰りで発着空港が違うものもあるので要注意です。ロンドンの空港はヒースローは割と中心部ですが、それ以外は結構それぞれ離れたところにあるので要チェックです。イギリス国内の移動もなかなか大変×電車は高額なので、旅行の予定に合わせてそこら辺しっかり考える必要がありあました。

Booking.com で宿泊施設を予約する場合、宿によってはどうやらウィズエアーの割引がわずかながら(数£レベル)適用されるので先に宿泊先予約⇒航空券購入が良さそうです。

Wizz Air (ウィズエアー)ケチ!とほほ体験

ホームページにももちろん小さく書いてあるのですが、事前にオンラインチェックインをせず空港のカウンターですると追加料金が取られるのです。国と地域によって異なるようですが、私はロンドンガトウィック空港にて33.5£取られました。悲しい。

手荷物だけならオンラインチェックイン良いことしかない!

しかし、今まで私はなぜか旅行しまくっているにも関わらず、チェックイン荷物がなくても古い習慣にそってなぜか空港でチェックインしていたのですが、今回このとほほ体験をきっかけに帰りはしっかりアプリダウンロードしてオンラインチェックイン。
カウンターのチェックインって大抵二時間前から始まりますが、オンラインでチェックインしちゃえば手荷物だけなら、そのままゲート内に入れるのが最大の特典です。どこの国の空港も、手荷物検査後のエリアの方がレストランやカフェも充実しているので、早めに行ってゆっくりできます。

Noriko
Noriko

わざわざきっかり二時間前狙う必要も、チェックインカウンターに並ぶ必要もなし、LCCは機内食ないから出発前にゆっくりしっかりご飯食べれる☆

事前にオンラインチェックイン⇒印刷または携帯のアプリで航空券OK

オンラインチェックインってやってみると超簡単。パスポート情報ちょこっと記入して、その他追加の荷物・サービス情報入力して終了です。
おすすめは携帯のアプリです。旅行中って印刷できない場合もあるし、なにより紙の節約になるのです。空港内のWifiが微妙な場合もあるのでスクショ取っておけばOK。あとは電源が切れないように注意しとくくらいでしょうか。

機内の雰囲気

可もなく不可もなくでした。LCCなので座席狭いけれど、ロンドンとブダペストは2時間くらいなので問題なしです。機内アナウンスはハンガリー語⇒英語(ハンガリーなまり)の順番でした。

[おまけ]ブダペストの空港・出発口

荷物検査が終わったエリアはこんな感じで素敵。二階にレストランやカフェがありLCCで機内食なくても、しっかり食べられます。カフェで一時間強作業後、ご飯を食べてお土産買って搭乗口へ。空港ってだいたいどこもきれいだし、下手に出発時間気にして市内にいるより意外と作業しやすい場所かもしれません。

さいごに

ウィズエアーに限らず、LCCを最大限に安く便利に利用するには、ちょっと面倒だけれど詳細をしっかり読んでおくことが大切です。しっかり読んでおかないと気づかぬところで、課金されあまりLCCの意味がなくなってしまうのです。(経験者は語る)
無駄なところで追加料金取られないように、賢く利用して素敵に旅しましょう♪

休息の質を格段に上げるネックピロー+アイマスク&耳栓セット【NeckNeck Feel】



プロフィール

旅行した国は25か国以上。在住国は4か国。20代で3か国にてホテルとIT業界で勤務後、現在イギリスでアロマセラピーとスパセラピーの資格を取得すべく留学中。コロナで一時帰国中。

Follow me!
海外旅行
スポンサーリンク
Follow me!
スポンサーリンク
Norico💛Overseas

コメント

タイトルとURLをコピーしました