エールフランスの評判・搭乗記【パリ経由ロンドン-羽田便】

エールフランス評判 搭乗記 海外旅行
この記事は約7分で読めます。

エールフランスのパリ乗り換えロンドンー羽田便の搭乗記です。新型コロナウィルスで緊急一時帰国(参考記事:新型コロナウィルスで一時帰国【イギリス留学中の翻弄と決意】)での利用でしたが、美味しい機内食とおしゃれすぎる機内安全ビデオに癒されとてもゆっくりできました。トリップアドバイザーのいろいろな評判と私自身の搭乗記を合わせてご紹介します。
スポンサーリンク

エールフランスの評判

エールフランスの悪い評判と良い評判両方をトリップアドバイザーからいくつかご紹介します。

エールフランスの悪い評判

羽田空港から、シャルルドゴール乗り換え、ヒースロー空港までの旅。
羽田からシャルルドゴールは良かったんですが、シャルルドゴールからヒースローまでのフライトは最悪。
最初寝ていて、ふっと起きたら食事のサービス。
私の番の前に目覚めたのに、スルーされ。
飲み物も、何も聞いてくれなく、最後まで何も持ってきてくれませんでした。
(なっつさん 2020年1月 ビジネスクラス)

ワゴンサービス中、絶対通路を譲らず、長い時間待たせたにも関わらず、謝りもしない。質問して後で返答すると言ったのに何の返答もなく、再度質問すると、適当な答え。今までで一番最悪なCA。プレミアムエコノミーでも、サービス最悪。
(paris さん 2020年1月プレミアムエコノミークラス)

Noriko
Noriko

サービスに関する悪い評判をいくつか見かけました。海外在住が長くなってくると、逆に日本のサービスが丁寧過ぎてびっくりするのですが、快適に過ごす為には欲しいものは欲しいとしっかり主張するのも大切かもです。

エールフランスの良い評判

日本人客室乗務員のスチュワードさんやスチュワーデスさんがお上品で親切な方々でした。
外国籍のスチュワードさんも親切にしてくれました。
飲み物もすぐに席に運んで下さるし、バゲットおかわりしたら笑顔で対応してくださった。
日本人客室乗務員ばかりに頼るのではなく、他国籍の客室乗務員さんに簡単な英単語しか話せませんが伝えら理解してくれました。
エコノミークラスですが往路の291便はお食事も熱々でおいしかったです。
お味噌汁を配ってくださりました。
お手洗いも清潔でした。
(E&nana さん 2020年1月)

それほど期待せずに搭乗したのですが、予想を上回る快適なフライトでした。
よくレビューで見かける「クルーの感じが悪い」というのは一切なかったです。たまたまなのかもしれませんが、非常に丁寧でかつフレンドリーな対応でした。
ドリンクもホットチョコレートなどの少し手間のかかるものも、嫌な顔せず席まで持ってきてくれました。
機内食は全体的に美味しかったです。機内食に付いてくるケーキは食えたものじゃないのが相場ですが、さすがは美食の国、エコノミーなのに美味しかったです。
快適なフライトを阻害するものを挙げるとすれば、ブランケットの御粗末さ。
薄くて寒い。肌触りもイマイチ。
(Kei.tさん、2019年12月 エコノミークラス)

Noriko
Noriko

皆さん経験はいろいろですが、私個人の感想は、機内食が美味しくて総合的には満足です。

スポンサーリンク

エールフランス搭乗記

2020年3月に利用したエールフランスの夜便、ロンドンーパリ間(AF 1181)パリー東京間(AF 0274)の搭乗記録です。

チェックインの荷物重量オーバーで・・・

注:くだらないので時間のない方はこの項目は読み飛ばしてください

ロンドンのヒースロー空港でのチェックインは、モニターでどのカウンターか何時から開始かが表示されます。開始時間に近づいた頃、近くで待っていたのですが、周りに人はいるものの、並んでる人はいないし、開始の合図はないしで半信半疑ですっかすかのレーンを歩いてチェックイン開始しました。

エコノミークラスのチェックイン荷物の上限は23kg (荷物超過に対する追加料金はロンドンー東京間は100ユーロでした。行先と出発地で価格変わるので公式ページで確認!!)に対して、私の荷物は32kg 超えでした。32kg超えてしまうと今度はベルトコンベアが動かなくなってしまうようなのです。今までもだいたい32kg くらいだったのですが、ベルトコンベアが動かないという事態は今回が初めてでした。

機械が動かないから荷物スーツケースの中から減らしてください。ちょっとでいいから。

 

Noriko
Noriko

?!

動揺を隠せない私。
過去10年間いろいろな国をでっかいスーツケース振り回してで移動してたけど、一度も家を出た後に大きいスーツケースを開けるようなことはなかったのです。何故かと言うと、スーツの中身はいつもごちゃごちゃで仕上げに馬乗りにならないと閉まらない状態なのです。だから、目的地につくまで開けないがポリシーでした。

とは言え、機械が動かないと言われてしまうと仕方ないので開けて学校のファイルをどかしてのけたところ、

もうちょっと足しても良いわよ

とカウンタースタッフのお姉さん。どうやら、どうせ同じ追加料金を払うからギリギリまで入れさせてあげようというはからいです。しかし、私的にはいやいいよって感じだったけど、確かに手荷物少しでも軽くなった方がいいし、お姉さんの迫力に負けて再度スーツケースを開けて入れることにしました。
この再度入れる作業がなかなか大変で、当然全部オープンにすることはなく隙間からファイルを抜き取ったのですが、そのわずかな隙間がなくなってしまってて力業で押し込みなんとか完了しました。その頃には後ろに列ができていて、お姉さんと私の会話を知らない待ってる人たちから見たら間違いなく迷惑野郎だった私。
大きい荷物を測りに乗せたりおろしたり、開いたり閉じたりの作業をジャケット着たまましたので結構汗かき史上最高に時間のかかったチェックインでした。

エールフランスのおしゃれな機内安全ビデオ

Consignes de sécurité Air France – Bienvenue à bord
Noriko
Noriko

上の動画がそのまんま搭乗後の機内安全案内として放送されるのです♪おしゃれなフランス、パリのイメージになんだかピッタリ。機内安全みてるのになぜか心華やぎました笑 フランス語→英語の順番で、またそのフランス語がおしゃれ感増してる気がします。何言ってるか全然わからないのだけど・・・

ロンドン-パリ便

ロンドンーパリ便は短時間ですが、搭乗する際入口にトマトオリーブサンドが置いてあるのでそれを欲しい人は各自取ります。なんの変哲もない見た目ですが、味は美味しい!

Noriko
Noriko

さすが美食の国フランスの航空会社~!

と一人で感動。降りるときもマフィンが置いてありました。まさか降りるときに用意してあるとは思ってなくて、取り逃してしまったのですが、皆さん要確認です!

パリ・シャルルドゴール空港での乗り換え

シャルルドゴール空港での乗り換えは空港内トラム(電車みたい)なものを使って移動する必要があり、なかなかわかりづらかったです。手荷物検査も再度ありました。
この時は緊急事態(新型コロナウィルス)でヨーロッパ在住の日本人をまさに搔き集めたって感じで、パリ便を待ってる乗客は95%以上日本人でした。

スポンサーリンク

パリー東京(羽田便)

事前の「SMSの連絡で満席になるから手荷物は最小限に~」と来てたのですが、以外と空きがありました。3-4-3の構成で私は真ん中の4席のさらに真ん中だったのですが、離陸後客室乗務員の方が「空いてる席があるので狭かったら席動いてください」と案内してくだりました。おかげで快適。

パリー東京間の飛行は機内食がしっかり二回サービスされます。エコノミークラスだけれど、どちらも美味しくて大満足でした。

夜ご飯
エールフランス、パリ東京便の機内食(夕食)

右側のドリンクはシャンパンと味噌汁です。味噌汁は、特別おいしいわけでもないけどヨーロッパ在住の身体には染みます。ありがたいサービス。右下のサラダがヘルシーな感じで、チキン料理についてくるグリーンも美味しかったです。
食事の後にコーヒー紅茶のサービスもあります。しかし、その後電気暗くしてから、水のサービスもあったのですが寝ぼけ眼×スッチーさん歩くの早くて、何度か逃し喉渇きました。どうしても欲しかったら、自らもらいに行くのもありですが、そこまでではなく待つ。シャルルドゴール空港で飲み水確保がおすすめです。

朝ご飯

朝ご飯は可愛い紙袋にいれて配られましたおしゃれ♪こちらもフルーツついてて程よくヘルシーで美味しい♪

機内での楽しみはご飯なので、予想以上に美味しくて大満足でした。

まとめ

エールフランスは機内食が美味しくておすすめです!パリでの乗り継ぎも少し面倒ですが、待ち時間もそれほどないので苦ではありません。おしゃれな機内安全ガイドも新鮮で素敵な空の旅になりました。

休息の質を格段に上げるネックピロー+アイマスク&耳栓セット【NeckNeck Feel】



プロフィール

旅行した国は25か国以上。在住国は4か国。20代で3か国にてホテルとIT業界で勤務後、イギリス留学で代替医療セラピーとスパセラピーの資格を取得。東京でサロン運営。当ブログは自由になりたいアラサー女子の為の記事多め。

Follow me!
海外旅行
スポンサーリンク
Follow me!
スポンサーリンク
自由に生きたいアラサー女子のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました