マレーシア

マラッカのおすすめカフェとレストラン6選【グルメレポート】

投稿日:2019年4月21日 更新日:

マレーシアの世界遺産の街マラッカのお手頃価格のカフェと食事処をご紹介します。
マラッカのレストランはランチタイム、ディナータイムと丁寧に両方オープンしているところは少ないです。事前に空いている時間を確認して、食べ逃しがないよう予定を立てるのがおすすめです。マラッカは観光もすぐできるので、食べ物中心で予定を立てるのがいいかもしれません。

 

マラッカおすすめレストラン!チキンライスボールの和記(ホーキー)

マラッカのチキンライスボールの和記(ホーキー)レストラン外観和記(ホーキー)のチキンライスボール ご飯が丸い!

おすすめ度:
ローカル度:

行きのタクシーの運転手さんが「Jonker Streetは観光客用だから高めだし、本当に美味しいチキンライスは違うところにある」とか、また現実的なこと言うからあまり期待せず来店。でも!!3日間で食べた料理の中で一番シンプルで王道だけど、一番おいしかったです。鶏肉がジューシーで、たれも最高でした。ライスはボール型と普通のタイプ選べます。入口にだいたい列ができているのでその際に係の人にオーダーして席は相席ありのローカルタイプのレストランです。とはいえ、一応観光地なのでちょびっとローカルな雰囲気です。チキンライスボールが有名です。名前の通り、ライスがボールになっていて、東南アジアで、ボール型のチキンライスは初めて食べました。マラッカは港町だから、昔漁師さんが食べやすいようにごはんをまとめたのが始まりだとか。普通のライスもあるので、オーダーの際はしっかり、ライスボールと伝えましょう。

チキンライスボール(ライスボール5個で)  9.5RM (約257円)
営業時間:9時~16時

マラッカおすすめカフェ!The daily fix cafe~パンケーキ食べよう!~

The daily fix cafeの入口The daily fix cafeのパンケーキ

おすすめ度:
雰囲気:
ゆっくりできる度:

Jonker通りの雑貨屋さんの奥にあるカフェ。小さな看板が出ています。今回はパンダンリーフ(注)を使ったパンケーキをオーダー。なんだかヨモギ餅みたいな味がしました。今までも、何度かパンダンリーフを使ったお菓子は食べてきましたが、その中で一番、ヨモギ餅度(?笑)が高かったです。店内はおしゃれで素敵な感じですが、Jonker通りにある為、基本的に混んでいます。その分☆減らして雰囲気は3.5です。

パンケーキとアイスラテで25.95RM(約675円)
営業時間:9時~23時半(土日のみ8時半オープン)

(注)パンダンリーフとは、東洋のバニラと称されるハーブ。東南アジアではケーキやお菓子などの色付け香りづけによく使われます。

http://www.marcheaozora.com/?pid=92047002youngより引用

マラッカ超おすすめカフェ!Caranthe Art Café~マレーシア13州のコーヒーを味わう~

マラッカの一押しカフェCaranthe Art Caféの外観Caranthe Art Caféでオーダーしたコーヒー

おすすめ度:
ゆっくりできる度:
雰囲気:

マレーシア13州のコーヒーが楽しめるカランセカフェ!個人的に超おすすめです。Wifiも素晴らしくつながるし、店内おしゃれだし、販売品もなんだか可愛くて思わず買ってしまうし、ハートをわしづかみにされたカフェです。朝の開店時すぐだと空いているので、パソコン持って作業したりゆっくり本読んだりするのにもおすすめです。メニューはとても丁寧にわかりやすくコーヒーの強さが豆マークで表現されていたり、ローカルのブラック、シュガー入りの言い方が丁寧に説明されてます。私はせっかくだから、マラッカのコンデンスミルクコーヒーを注文。甘すぎず丁度良い味わいでした。

コーヒー一杯 5RM(約135円)
営業時間:9時~23時(土日のみ0時まで。木曜日定休)

 

マラッカの朝食におすすめレストラン!茶茂飲茶

マラッカの朝食に!茶茂飲茶のちょっとわかるつらい外観茶茂飲茶でオーダーした食べ物

おすすめ度:
ローカル度:

これだけ食べて全部で合計16RM(約500円)でした。小籠包は本当に美味で何個でも食べたくなる美味しさです。そして中国茶(ジャスミン茶)が美味しかった。やはり飲茶というだけあってお茶が美味しいとそれだけで、食事も一段と美味しくなります。店員さんがいろいろ見せてくれるのでほしいものを通り過ぎたときに選んで取っていくタイプのオーダー方法です。もちろん食べたいものが決まっていたら、その都度これくださいとオーダーしてOKです。朝方のレストランなので朝食や早めのお昼ご飯、10時のおやつにおすすめです。

 

5品で16RM(約500円)
営業時間:6時~13時(火曜日定休)

 

マラッカのラクサとデザート有名店!Jonker 88

マラッカの有名店Jonker 88の外観Jonker 88の激辛ラクサ

おすすめ度:
辛さ:

ローカル度:

しっかりココナッツの味もするのですが、それよりも何よりも、とにかく辛いに尽きます。自称辛いもの好きの私ですが、こちらのラクサは火を噴きそうな辛さで全部食べたら絶対お腹痛くなる気がしてならなかったので途中で断念しました。ラクサの他、かき氷風のデザートも有名なお店です。18閉店なのでランチタイムやおやつの時間にどうぞ。

BaBa Lakusa : 7RM(約189円)
営業時間:9時半~18時(土日のみ21時まで)

マラッカの川沿いの雰囲気抜群カフェ!7Wild Coriander

マラッカのカフェWild Corianderのおしゃれな内装Wild CorianderでオーダーしたBeef Rendanと外の景色

おすすめ度:
雰囲気:
ゆっくりできる度:

写真映えはばっちりですが、お味は辛い。レーシアの料理ってシンガポールと比べると容赦なく辛い。ビーフは辛くて美味しさ味わうレベルには到達できませんでした。それよりも手前にあるピーナッツの細かいものと混ざっている野菜のピクルスのようなものが絶妙な味わいでお気に入り。

マンゴーラッシーとWild Coriander Special(Beef Rendang)で31.5RM(839円)
営業時間:12時~23時(水曜日定休)

番外編1:ナイトマーケット

マラッカのナイトマーケットの様子

金、土、日曜日の午後6時~翌日深夜1時に開催しているJonkerStreetのナイトマーケットですが、食べ物の種類は豊富ではないので、ちょっとつまみ食い程度で、雰囲気を楽しむといった感じです。6時丁度に行くとそれほど混んでいませんが、お店の数もまだ少ない状態です。徐々に混んで来て、だんだん歩けないくらいの込み具合になってくるので、エネルギーがある人にはおすすめです。日中の観光で疲れてしまった場合は無理する程ではないので、ゆっくりやすみましょう。

番外編2:食べられなかった後悔この上ないPak Putra 

東南アジアで一番おいしいといわれるインド・パキスタン料理のお店Pak Putra。Web上でも評判ですが、宿泊先のゲストハウスでもチェックインの時にチーズナンとチキン頼みななんておすすめされてとても楽しみにしてました。しかし、悲しいことに食べずに帰ります。今回の旅は日曜日から火曜日の三日間マラッカの滞在で日曜日にナイトマーケットを優先して、月曜日がなんと定休日だったのです。しかも、営業時間が夕方5時から深夜1時とランチタイムの営業していません。マラッカは夕方6時までに閉まるお店が多いので、夕飯にピッタリのお店です。皆さんは、しっかり予定に入れて食べ逃すことがないようにしてください。

最後に

冒頭でも述べましたが、マラッカのレストランやカフェはランチとディナーともに一日中開いているお店は限られています。旅行出発の直前にオープン時間をしっかり確認してから、食べ逃しのないよう予定を立ててみてください。

  • この記事を書いた人

Noriko

プチじぷしー。超庶民派でジタバタしながら、海外就職を実現。20代で3か国勤務後、現在イギリスでアロマセラピーとスパセラピーの資格を取得すべく留学中。

-マレーシア

Copyright© Norico💛Overseas , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.