ハンガリー・ブダペストのルダシュ温泉レポート【一人旅におすすめ】

ハンガリー
この記事は約6分で読めます。

ハンガリーは言えば東欧の温泉大国として有名です。ブダペスト市内には、最も有名なセニーチェ温泉をはじめ、ゲッレールト温泉、ルダシュ温泉の三つの有名な温泉があります。
「温泉」と言っても、日本の温泉とは違います。水着着用、男女共用、温度は低め、大規模。シンプルにリラックスするより、どちらかと言うと、温水プールや娯楽施設といったイメージもあります。
今回はひとり旅かつ、ヨーロッパ生活で毎日シャワーでとても温泉に入りたかったので、最も静かでリラックスできそうだったルダシュ温泉に行ってきました。持ち物や施設の雰囲気をお伝えしていきます。
スポンサーリンク


ブダペストのルダシュ温泉の基本情報

ルダシュ温泉の営業時間・料金

開園時間:6:00- 22:00
注:各施設によって細かい時間帯は異なってきます。
注:トルコバスは曜日によって、女性のみの日、男性のみの日、男女共有の日があるので要注意です。

Noriko
Noriko

私は本当に無計画にあまり下調べせずに行ったので、訪問時トルコバスは男性のみの日で入れませんでした。

Weekdays(平日) Weekends(週末)
Daily thermal-wellness ticket 5,500Ft (約1850円) 6,900Ft (約2315円)
Well ness ticket 3,800Ft (約1280円) 5,200 Ft (約1750円)

いずれもロッカーの利用料金込みです。Daily thermal-wellness ticketが全施設使えるチケットでWellness ticket はトルコバスが、男性のみ/女性のみと制限がある場合にこちらのチケットになります。Wellness ticket はプール、サウナエリア、ルーフトップの温泉の利用が可能です。
その他の利用料金については公式ホームページ(http://en.rudasfurdo.hu/prices)よりご確認いただけます。使いたいエリアがしっかり決まっている場合は。全施設利用可能のチケットを買う必要はありません。

ルダシュ温泉の所在地

ルダシュ温泉はブダ地区にあり、周りには少数のレストランやカフェはあるものの、割と何もないです。ご飯はペスト区で食べてくるかブダ城まで歩くかどちらかが良いです。

周辺情報:ブダ城から徒歩15分なので合わせて行くのがおすすめです。しかし、ブダ城内は朝早いと開いてるお店がかなり限られているので、散歩のみなら早朝。食事を楽しみたいなら、午前11時以降の訪問がおすすめです。

ルダシュ温泉へ訪問時の持ち物

・ビーチサンダル
・水着
・タオル
・携帯電話防水(必要な場合のみ)

タオルはこちらのスイムタイプの薄くて速乾性のあるものがおすすめです。温泉行かずとも、かさばらず、すぐ乾くので旅行の持ち物として、とてもおすすめです。

ル-ダシュ温泉館内での写真撮影について

訪問時に受付で聞いたところ、他の人を写さなければ撮影OKとのことでした。私自身はゆっくりしたかったのと、シンプルに防水用具を持っていなかったので撮影は断念しました。実際あまり、携帯電話やカメラを持って入っている方はいませんでした。文化の違いもあると思いますが、カメラを持っていたのは中国や韓国等アジア圏からの観光客の方です。

私は忘れてしまったものの、ルーフトップの露天風呂は絵になるので記念に写真撮りたい方は、防水用具も忘れずに持っていきましょう。

スポンサーリンク


実際にブダペストのルダシュ温泉に入ってみた感想!

私が訪問した日は残念ながらトルコ風呂が男性のみの日だったのでWellness エリア(プール、サウナ、ルーフトップ)の利用でした。プールは本当にスポーツ用のプールと言った感じで帽子被って真剣に泳ぐエリアです。インターネットの写真でみる雰囲気とは若干違い、実際は区民プール間が漂っていました。

実際楽しめたのはサウナとルーフトップエリアとルーフトップに行く前のジャグジーでした。それ以外は温度が低く、あまりゆっくりできず。また、各エリアへの移動が、チケット部分からみえる通路だったり、レストランが横にある階段だったりで

Noriko
Noriko

え?ここ通っちゃうの?

と少し疑いたくなる瞬間が多々ありました。半信半疑でも突き進みましょう。サウナは可もなく不可もなくで最も満足だったのはやはりルーフトップの露天風呂。それだけの為でも1200円払う価値ありだと思います。珍しい景色を見ながらお湯につかってゆっくりできるので至福の時間でした。

男女共用の更衣室

日本だと更衣室が男性、女性で分かれているので、男女共用とだけ聞くとびっくりするかもしれませんが、安心してください。
パーテーションで着替える用の小部屋がありそちらで着替えることができます。中にはベンチもあるし、ゆっくりこちらで着替えればOKです。荷物はその周りにあるロッカーに入れます。

Noriko
Noriko

入場料にロッカーの利用料金も含まれており、受付で渡されたバンドで開いているロッカーならばどれでも使えます。

ルダシュ温泉のメイン露天風呂

ドナウ川と近くにある崖という面白い組み合わせの絶景を楽しむことができます。夜だと夜景が綺麗です。昼でも十分のんびりできること間違いなしです。ルーフトップはやはり人気があって、密度高めですが、それも気にならないくらいみんなお湯につかってリラックスしてます。温度も丁度良く暖かいです。

まとめ

こんな人におすすめ
・日本の温泉に近い感覚でゆっくりしたい人
・露天風呂から珍絶景がみたい人

曜日によって使える施設の制限があるので事前に良く確認して訪問しましょう。荷物に水着、ビーチサンダル、タオル忘れずに♪ぜひ、東欧のお風呂を体感してみてください。

プロフィール

旅行した国は25か国以上。在住国は4か国。20代で3か国にてホテルとIT業界で勤務後、現在イギリスでアロマセラピーとスパセラピーの資格を取得すべく留学中。コロナで一時帰国中。

Follow me!
ハンガリー
スポンサーリンク
Follow me!
スポンサーリンク
Norico💛Overseas

コメント

タイトルとURLをコピーしました